家族葬の参列とお断り

家族葬の場合は、呼ぶ人を遺族が決めるのが特徴です。なので、場合によっては中には参列をお断りしなければいけないこともありますので、このスタイルのお葬式を選ぶ際には呼ぶときと参列をお断りする場面があるということをしっかりと理解しておくことが大切です。

基本的に、お葬式への参列をお願いする際には、訃報の連絡をしなければいけません。その連絡の方法は普通のお葬式の時の訃報となんら変わりありません。参列して欲しい方にお葬式の日にちと場所をお伝えして参列をお願いします。しかし、お葬式に呼ばない人も中にはいらっしゃいます。お葬式に呼ばない人に関しては、その旨をしっかりお伝えしなければ参列しても良いのか迷ってしまうことにもなりかねません。なので訃報の連絡をした際には家族葬のため参列をお断りしているときちんと伝えましょう。または、お呼びしない方に関してはお葬式が終わったあとで親族のみでお葬式を済ませたことをお伝えするという方法もあります。

また、誰に声をかけたら良いのかを悩んでしまうこともあるでしょう。基本的に、故人の近しい人をお呼びするということが多い家族葬ですが、呼んでいい範囲やだめな範囲というのは基本的に存在していません。ですので、親族に参列してもらうことは基本的なことではありますが、故人と仲良くしていた方が居れば親族でなくてもお葬式にお呼びして参列してもらうということも可能です。呼ぶかどうか迷うというケースであれば、後々呼んでおけばよかったと後悔することもあるので、迷った場合は参列をお願いしておいた方が安心です。

家族葬への参列の依頼とお断りは、きちんと行っておかなければ後々トラブルになってしまうこともあります。お葬式の形式によってお呼びすることができないということをしっかりと伝えておけば、ほとんどの方が理解してくれるはずですので、しっかり伝えておくことを忘れないようにして、後々トラブルが起こるということがないように防いでいくことも家族葬を選択するときには意識するようにしておくと良いでしょう。