知ってて安心!家族葬のすすめ

人気上昇中の家族葬

人気上昇中の家族葬 一般的なお葬式と聞いて思い浮かぶことが多いのが仏式のお葬式です。仏式のお葬式というのは、昔から日本で行われてきたスタイルです。また、今でも多くの人がこの一般的なスタイルを選択しています。しかし、最近ではお葬式事情にも変化が現れてきており、家族葬と呼ばれるお葬式のスタイルを選ぶ人も増えてきています。では、どんなスタイルのものなのかを見てみましょう。

基本的に、家族葬というお葬式のスタイルは従来のお葬式に比べて参列する人数が少ないのが特徴です。非常に近しい関係の親族や知人のみで行うということが一般的です。なぜ、このようなお葬式のスタイルが増えてきているのかについては、現代の日本を取り巻く環境や文化の変化が大きく影響しています。日本は、高齢化が進んでいることに加えて昔よりも人と人のつながりが希薄になっていっているという変化が見られます。そのため、家族葬のスタイルというのは、今の日本の変化に適したお葬式の形ともいえるでしょう。

日本国内で高齢化が進んでいることについては先ほど触れましたが、故人が高齢の方だった場合、故人の知り合いの方というのは同じくらい高齢であるか、すでに他界しているかというケースも多いのです。そのため、なかなかお葬式に参列していただける友人や知り合いが多くないことがよくあります。そのため、参列者の人数も少なくなってきていますし、昔と比較するとお葬式の規模自体が小さいものになっていっています。また、お葬式の意識調査でも、簡素なお葬式で良いと考えている方が多く居ることも家族葬が利用されることが増えてきている一因になっています。

それに加えて、お葬式では家族が自分を見送ってくれればそれで良いと考えている人が多いことも家族葬が選ばれるようになってきた理由の1つでもあります。そのため、最近では遺族のみであったり、遺族と非常に親しい友人のみで故人を見送るというスタイルの家族葬を選ぶ人が増えてきています。もしも、自分や家族の方が亡くなった際に家族のみや親しい人たちだけで見送りたいという時には、家族葬という選択肢を視野に入れてみると良いでしょう。最近選ぶ人が多い家族葬は、日本国内の環境の変化や考え方の変化によって利用する人が増えてきています。もしも、お葬式に求めるものにあてはまるのであれば、このスタイルを自分や家族のお葬式の際に選ぶかどうかをより詳しい特徴を知って検討してみると良いでしょう。

お知らせ